【副業】当たり前の社会でどのようなことが起こるのか

 

副業が当たり前の社会になるとどのようなことが起こるのでしょうか?

 

副業が当たり前の社会になればどのようなことが起こるのか?

 

・個々の経済格差が広がる

・副業を容認しない企業の人気が下がる

・複数企業を兼務する人材が増える

・優秀な人材の海外流出加速化

 

アラレちゃん

1つずつ解説していきます♫

 

個々の経済格差が広がる

これから確実に来る社会だと思います。

理由は副業が可能になったことで、個人の努力次第で収入をさらに増やせるようになるからです。

これがどういうことかと言えば、副業が容認されていない企業だとします。

 

仮に役職が同じだとして、以下のような結果を残しても2人はほとんど同じ収入です。
・仕事が遅く、結果も残せない人。
・仕事が早く、結果を残す人。

 

一方、副業・兼業が当たり前になればどうなるのでしょうか?
・仕事がいつまでも終わらずに評価されない人。
・仕事を効率よく終わらせ副業に励む人。

仕事を効率よく終わらせて早く帰ることで、自分の副業に割く時間が増える。そして副業に時間を割けば割くほど自らの収入が増え、優秀な人材がさらに裕福になり、実力のないやる気のない人材より苦境に立たされる社会になると考えられます。

 

アラレちゃん

副業・兼業の解禁により、経済格差はさらに開くと感じます。

 

副業を容認しない企業の人気が下がる

副業・兼業を容認しない企業に対して人が集まらなくなります。

・今後1社だけの収入で生きていくことはリスクが高くなる
・副業、兼業をすでにしている人の転職先として外れる

今の時代は大企業だからといっても先が読めない時代です。大企業に勤めているからといって「大企業=安心」というイメージはなくなりつつあります。

「将来が不安・・・」と感じている人にとって副業・兼業ができることは精神的にも安心感を得ることができます。万が一、勤め先に何が起きても自分自身の人生を豊かにすることが出来るのは自分自身です!

それに副業・兼業を禁止している企業は、すでに副業・兼業をしている人たちの転職先の選択肢から外れています。

 

アラレちゃん

副業・兼業の容認が次の時代のホワイト企業の指標になることも十分に考えられます💡

 

複数企業を兼務する人材が増える

副業・兼業が容認されると複数企業を兼務する人が増えます。

これはどういうことかというと、業務後に別の会社で1〜2時間働くという選択肢も可能になると言うことです!

例えば
・メイン会社:9:00〜
・別の会社 :19:00〜
・週1、2回勤務

こういった働き方を実現することで、大企業で働きながら、立ち上げたばかりのベンチャー企業でも仕事ができたりもします。

 

アラレちゃん

大企業で働きながら、ベンチャーでも働けると言う夢のような働き方も実現します!これによって個人のスキルアップにも繋がりますね♫

 

優秀な人材の海外流出加速化

副業・兼業の容認で会社に依存せず十分な収入を得ることでどうなるのか?

私個人の意見ですが海外に出る人が増えると考えています!

例えば、月に10万円しか稼げない人が、日本で生きていくには少々ハードです。ただ、そういった方でも東南アジアに移住すれば物価の安さから月に10万円でも余裕を持って暮らすことが可能になります。

仮に今後日本の経済が危機的状況に陥ったとしても、別の国に移住することも視野に入れることは重要になります。

 

アラレちゃん

副業・兼業が当たり前の社会において、日本だけで物事を捉えるよりも優秀な人材はスキルアップと生活の安定化を求めて、海外に移住していくことも考えられますね♫

 

副業が当たり前になる時代で私たちができることは何なのか?

現在は昔言われていたように「大企業に就職すれば一生安泰」は、少し考えも古くなりつつあります。むしろ大企業に勤めているからこそ、副業に励まなければいけないのかもしれません。

逆に見れば副業という別の選択肢を取れるようになった社会は、自由度も高い社会かもしれません。

平日は本業で自分自身のスキル・やりがい・収入を追求しつつ、業務後は自分の趣味を時間を使いお金に繋げることも可能になります!

この先は不確実で不透明ですが、考え方によっては楽しい人生を自分で摑み取れます!

 

アラレちゃん

周りの意見に従い人生安泰を選ぶのではなく、自分自身の意思で人生のレールを自分の力で突き進んでいきましょう✨

 

オススメ投資

少額からスタート希望の方

ステップ6 誰でも稼げる!?「少額から稼げる方法」

忙しくて時間が作れない方

非公開: ステップ7 自動で増える「

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です