【BOとFX】税金の違い

 

 

税金面の違い

国内と海外ではどれだけのさが出るのでしょうか?
今回は税金面の違いについて説明していきます!

 

税金の違い

■ バイナリーオプション

一見、国内業者の方が税金的には有利に見えますが、所得が少ない人にとっては海外業者の方が税金もやすくなる場合があります

また、どのくらい経費をかけて課税所得を下げたかにもよります!ですのでどちらがいいというのは一概にはハッキリとは言えない部分もあります。

 

アラレちゃん

ご自身の状況によって使い分けるようにしましょう♫

 

■ FX

このように比較するとバイナリーオプションとFXは国内外全くの同じになります。

FXもバイナリーと同様で国内業者を使用する方が税金的にも有利に見えますが、所得が少ない人にとっては海外業者の方が税金もやすくなる場合があります

 

アラレちゃん

こちらも同様、ご自身の状況によって使い分けるようにしましょう♫

 

税金の種類

■ 申告分離課税と総合課税の違い

 

申告分離課税は大きな特徴として、他の収入と別にしなければいけない税金になります!

国内業者の利益が出た分に対しては海外業者で損失が出ても分離課税と総合課税は相殺できません。

このような仕組みから申告分離課税の項目に当てはまる投資はそのグループでの特別な計算方法になっているのです。

 

■ 申告分離課税の種類

 

・株式投資
・先物取引
・オプション取引
・CFD取引
・FX取引(2011年まで店頭FXは総合課税)

 

アラレちゃん

これらの国内投資は申告分離課税となります✨

 

■ 総合課税の種類

 

総合課税は一般的な税金の種類だと認識すると分かりやすいと思います。
・事業所得
・給与所得
・不動産所得
・雑所得
・利子所得
・一時所得

会社員の人は会社が申告をしてくれるので、自動的に税務申告を出来ているのですが給料が年収2千万円を超えると自分で確定申告しなければいけません。

最近ですとダブルワークが普通になってきています!副業としてオークションなどの転売で収入が20万円を超えると確定申告が必要となります。

この様に海外バイナリーや FXで20万円以上の利益を計上している人は総合課税として申告する必要があります。

 

注意点
国内バイナリーや国内FX等の申告分離課税は、損益を同一にする事が出来ません。

逆に言えば事業所得と同一視されますので事業所得との相殺は可能になります。

 

■ 2つの税金の違い まとめ

 

国内外では税金の計算方法は違ってきますので注意は必要になります。

バイナリーもFXも税金面は全く同じになりますので、どちらがいいということは一概に言えない部分もあります。

ただ、大きく利益を出している方は国内業者の方が税率が低いので税金面だけを見れば国内業者の方が有利です!

国内外のバイナリー・FXの業者を比べても条件は同じですので、税金面だけで見るとどちらがいいというのは判断が難しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です